レーザープロジェクションマッピング・横浜赤レンガ倉庫

レーザープロジェクションマッピング・横浜赤レンガ倉庫

スマートイルミネーション横浜2013にて、キジマ真紀氏の作品「会話がはじまる広場」にてレーザーによる演出を担当しました。

最新のVenusLaserを使用し、初の横浜赤レンガ倉庫でのレーザーによるプロジェクションマッピングを展示

高精細フルカラーアニメーションレーザーが放つ、華やかなレーザービームと
グラフィカルなレーザーアニメーションによる、光の演出に多くの人は足をとめて
楽しんでいただきました。
002

 

003

建物を全体をキャンパスに、壮大なレーザービームアニメーションが描かれます。

004

005

指定した範囲には、レーザーを照射しない「ライブマスク」
 
例えば、建物の窓や人に照射可能な部分を範囲指定し、その部分はレーザーを照射しない
設定を行います。完全に建物の壁面だけに照射も可能です。
006

Pangolin社のライブマスク機能使い、窓の部分にレーザーを照射しない設定画面

007

 
従来のプロジェクションマッピングとは異なり、新しい映像表現をレーザーが可能にします。
 

008

009

季節に応じたアニメーションやテキスト、企業ロゴなどもVenusLaserでは、作成します。

010

011

レーザーアニメーションとレーザービームショー この組み合せにより
展示もぐっと迫力が増します。
 
最新の映像表現 レーザープロジェクションマッピングについて機材のレンタルから、ショーデータの作成、機材オペレーション迄、お気軽にご相談下さい。

012

おまけ
企業広告もレーザーアニメーションを使うと効果的です。

013